マイホームヒーロー

STORY

10

僕がした1つのこと

「あなたは優しい。あなたでなければ成立しなかった。」恭一が見せた僅かな綻びを見逃さず、貶めることに成功した。哲雄は安堵し、歌仙に自身の無事と、全てが終わったことを知らせる。一方、組織から追われ逃亡する身となってしまった恭一は、哲雄への復讐のため、行動を起こす。

9

運命の日

恭一と食事を供とにし、濃密な一週間の終わりを感じる哲雄。明日自分か、目の前の男のどちらかが死ぬ。最後の晩餐を済ませた哲雄は、恭一とともに組織の構成員・竹田の元へ向かう。疑心暗鬼になる面々のもとに、合流する窪。事態は目まぐるしく展開し、クライマックスへ向かう。

8

蜘蛛の糸

「早く帰ってきてくださいね。みんなでご飯を食べましょう。」と零花と落ち合い、危機を脱した歌仙は、他愛のない約束を哲雄と交わす。そして、組織への不信感を恭一に植え付けた哲雄は、恭一の自宅への侵入に成功する。なんとかここまで辿り着いた…!これがきっと、最後のチャンス。

7

母と母

「あなたのご両親は、隠し事をしている。」恭一はメールを使い零花に接触を計り、少しずつ、確実に哲雄を追い詰めていく。一方、延人殺しの証拠となる遺骨を持った歌仙は、恭一の母親と遭遇する。鳥栖家にとっての危険人物・恭一について、母親から語られた事とは…。

6

歌仙流おもてなし

延人の父親・麻取義辰と話し、延人にも親がいることを思い、悩む哲雄。延人が生存しているという偽映像の情報を流すことに成功した哲雄だったが、組織に恭一とともに呼び出される。映像をチェックする組織のメンバーの様子を、固唾を呑んで見つめる哲雄。その結果は……。

5

幸せ?

恭一とともに窪に窮地を救われた哲雄だが、ある映像を撮影されてしまったことで、さらに窮地に追い込まれてしまう。延人の捜索期限があと3日と迫る中、響の協力を得た哲雄は、大学の後輩である田端をも巻き込み、歌仙とともにある計画を実行に移す。

4

暴力の世界

“失踪した“延人の行方を探すという条件で、監禁を解かれた哲雄と歌仙。だが、いまだ哲雄への疑いは晴れず監視は続く上に、提示された捜索期限は数日後に迫っていた。これ以上家族を巻き込みたくない哲雄は、恭一とともに、延人をよく知る人物・響が働くキャバクラを訪れる。

3

正解への道

突然、組織に襲撃された哲雄。時を同じくして、歌仙も自宅で襲撃を受けていた。襲撃者の一人・間島恭一は、強引な手段で延人の情報を引き出そうとする。恭一に追い詰められながら、窮地を脱するべく思考を巡らせる哲雄。理不尽な暴力と脅迫を受けピンチに陥る哲雄だが、彼らの接触を想定して、事前に歌仙とある準備をしていた。

2

20年目の共同作業

家族を愛するしがない会社員、鳥栖哲雄。47歳。大学生の娘・零花の様子がおかしいことに気づいた哲雄は、たまたま目にした素行の悪そうな彼氏・麻取延人の口から「零花を殴った」という信じられない言葉を耳にする。延人を尾行した哲雄は仲間に見つかり、早速痛い目を見るものの、娘を守るためにさらなる行動を起こす。それが、取り返しのつかない最悪の事態を招くとも知らずに......。

1

今日から殺人鬼

家族を愛するしがない会社員、鳥栖哲雄。47歳。大学生の娘・零花の様子がおかしいことに気づいた哲雄は、たまたま目にした素行の悪そうな彼氏・麻取延人の口から「零花を殴った」という信じられない言葉を耳にする。延人を尾行した哲雄は仲間に見つかり、早速痛い目を見るものの、娘を守るためにさらなる行動を起こす。それが、取り返しのつかない最悪の事態を招くとも知らずに……。